HOME > PRODUCTS > YCU-130F & YCU-300F
人気の顕微鏡用USBカメラ【YCU-130N】が、 さらにグレードアップし、製品名を変え新登場いたしました。
カメラに測長ソフトが基本付属されていますので、パソコンのモニターで、観察や各種測長、各種画像処理を行うことができます。
また、解像度が2種類あり、高フレームレートで観察・写真撮影・動画保存がしやすい、130万画素タイプのYCU-130Fと、高解像度での観察・写真撮影・動画保存が可能な300万画素タイプのYCU-300F
どちらも基本付属のソフトウェアに、各種測長機能、各種画像処理機能、セルカウント機能といった、測長専用ソフト並みの機能を搭載しております。
YCU-130F YCU-300F
レンズマウント Cマウント
撮像素子 サイズ : 1/2インチ
画素数 : 130万画素
    (1.3Mega Pixels)
形式 : カラーCMOS
画素サイズ : 5.2×5.2 μm
サイズ : 1/2インチ
画素数 : 300万画素
    (3Mega Pixels)
形式 : カラーCMOS
画素サイズ : 3.2×3.2 μm
表示可能画像サイズ
/ フレームレート
1280×1024 Pixels / 25fps
1024×768 Pixels / 25fps
800×600 Pixels / 30fps
640×480 Pixels / 35fps
2048×1536 Pixels / 10fps
1024×768 Pixels / 25fps
対応OS Windows XP / VISTA / 7(32,64bit)
使用環境 CPU : Intel Pentium4 1.7 GHz 以上、メモリ : 1GB以上推奨、
グラフィックメモリ : 256MB以上推奨
インターフェース USB2.0(USB1.1ではご使用になれません)
電源 USB2.0ポートから供給
基本付属物 カメラ、CD-ROM(各種測長・画像処理機能搭載 測長ソフト)、説明書、
Cマウント⇒JIS変換アダプター
価格 ¥77,000(税抜き) ¥119,000(税抜き)


 基本的な測長に対応しており、上図のスケールメニューが操作画面にいつも表示されており ますので、ワンクリックで各種測長を開始できます。
 バーのアイコンは左から、以下の並びになります。
 □ スケール設定
 □ スケールリスト
 □ 色設定
 □ フォント設定
 □ Microsoft Excelに書き出す
 □ Microsoft Wordに書き出す
 □ 2点間(直線)を計測
 □ 角度を計測
 □ 平行線間を計測
 □ 四角形の周囲・面積等を計測
 □ 円の円周・面積等を計測(中心・2点・3点指定)
 □ 楕円の円周・面積等を計測
 □ 曲線の長さを計測
 □ 多角形の長さを計測
 □ 文字入力
 □ 矢印を表示
 □ 指定した色・太さ・長さの直線を表示
 □ 丸型・菱形・四角形のカウント
 □ カウント機能設定
 

 また、これらの測長は静止画上だけではなく、ライブ観察中の映像上でも行うことができます。
 自動ホワイトバランスや自動露出は、操作画面にアイコンが表示されておりますので、ワン クリックで操作を完了できます。
 また、それ以外のライブ観察中の色相調節やクロスラインの表示等は、上図の プロパティウィンドウで行います。
 このプロパティで行える画像処理は以下の通りです。
 □ 露出調節
 □ R, G, Bそれぞれの量を調節
 □ コントラスト調節
 □ H, Vオフセット
 □ クロスライン X, Y軸調節
 □ 自動露出
 □ 自動ホワイトバランス
 □ 基本オフセット設定
 □ クロスラインを表示する
 □ クロスラインの位置を中心にする
 □ グレースケール化
 □ ズーム
 □ ピクセル修正
 □ 左右・上下反転、180°回転
 □ 自動露出設定
 □ プロパティ内で設定した、数値等設定の保存と再生
 これらのプロパティ内で設定した数値等を保存(最大4つまで)・再生する機能もついておりますので、毎回ホワイトバランスや露出を調節することなく、適切な設定で観察をすることが可能です。
 また、静止画の画像処理を行う場合には、上図のイメージバーから行いたい処理を選択します。
 バーのアイコンは左から、以下の通りになります。
 □ 拡大
 □ 縮小
 □ 画面サイズに合わせる
 □ オリジナルサイズにする
 □ 選択範囲の切り取り
 □ ぼかす
 □ シャープ
 □ 浮き彫り(エンボス)
 □ 左右反転
 □ 色反転
 □ 輪郭抽出
 □ 回転(90, 180, 270°より選択)
 □ 色調・彩度・明度調節
 □ R, G, B それぞれの量を調節
 2枚以上のピントの合い方の違う画像を重ね合わせて、全体的にピントの 合った1枚の画像をソフトが自動的に作成します。
  また、合成できる画像の枚数に制限はありません。
 2枚以上の断片的に撮影した画像を、ソフトが縦、もしくは横方向に自動的につなぎ合わせ、1枚の大きな画像に作成します。
  そのようにして作成した大きな画像を、ソフト上で開くこともできますので、広い範囲を測長したり、また、観察物の全体図を見ることも可能です。
 ※画像がつながるポイントはソフトが自動的に判断しますので、手動で操作する必要はありません。
ワンクリックで明度の違いを自動的に判断し、明度の低い部分のみを選択(左図では、キミドリ色の部分が選択範囲です)、 選択範囲の面積や周囲、幅等を計測できます。
因みに、この選択範囲は手動で調節することもできますので、より正確な測長が可能となっております。


選択したセルの計測は、上図のウィンドウを開き、行います。
以下のセルカウント機能の計測項目は、不要な物は非表示にもできますので、必要なデータだけ表示、Microsoft Wordに出力することができます。
 □ 面積
 □ 周囲
 □ 幅
 □ 高さ
 □ 外接円の半径
 □ 内接円の半径
 □ 円形度係数
 □ もっとも暗い明度の値
 □ もっとも明るい明度の値
 □ 明度の平均値
 □ 全ピクセルの明度の合計値
 


(〒166-0012) 東京都杉並区和田1丁目1番12号 (八洲ビル)
Tel : 03-5340-0391 / Fax : 03-5340-0485 / E-mail : yashima@microscope.co.jp
Copyright (C) 2009 YASHIMA OPTICAL CO.,LTD. All Rights Reserved.